むし歯、虫歯治療

◆ 虫歯ってなあに?

虫歯になる主な原因はプラーク(歯垢)です。
歯垢が歯に付着して、歯垢にひそむ虫歯菌が糖分を分解しながら酸を出し、その酸により歯が溶かされてしまった状態が虫歯です。特に糖分が多いと歯垢がたくさん作られ虫歯になりやすくなります。
虫歯は進行状況によってC0→C1→C2→C3→C4で表します。
初期は自覚症状がありませんが進行すると、甘いものや冷たいものがしみるようになります。さらに進行すると熱いもので痛みを感じたり、入浴したり就寝前など身体が暖かくなると痛くなります。

歯は自然治癒がありません。
虫歯は早期発見・早期知慮することが重要です。
また、普段から食事後のこまめなブラッシングを心がけ、常にお口の中を綺麗にしておきましょう!

虫歯

虫歯 「C1」の治療
歯の一番外側のエナメル質に穴が開いたものです。痛みは全くありません
以前の治療は、必ず削って詰め物をしていました。しかも予防拡大といって、虫歯でないところまで削っていました。今では、安定していて進行する危険の少ないものについては、削らないでフッ素塗布や進行止めを塗って様子を見ます。
C1でもはっきりと穴が開いたものについては、悪いところだけ削って、白い詰め物をします。白いのでつめたとこが分かりにくいくいです。この段階では削っても痛くはないので、麻酔も必要ない時がほとんどです。

虫歯 「C2」の治療
歯のエナメル質を通過して、中間層の象牙質まで穴が開いたものです。この段階でも、はじめのうちは、痛みを感じません。しかし、進むにつれて、まず、冷たいものがしみたりチョコレートなどの甘いもので痛みを感じるようになります。この痛みは、時として感じなくなったりします。歯の防御反応により、痛みの刺激をブロックするような組織がつくられるからです。しかし、虫歯は徐々に進行するので、痛みを感じなくなったからといって、放置するのはきわめて危険です。痛みが少ないうちに、必ず受診して下さい。
この段階での治療は大きく2つに分けられます。1つは、削って白い樹脂を詰める治療です。これをCR充填といいます。もうひとつは、削って型取りをして、金属を接着剤で付けるものです。穴が大きく広がり、歯と歯の間に及んだものは、こちらになることが多いです。保険では金属色の修復になるため、見た目が悪くなります。この場合に見た目を美しくするには、自費治療になります。

虫歯 「C3」の治療
痛みは強くなり、冷水痛だけでなく、何もしなくてもズキズキ痛むようになります。虫歯による穴は、中間層の象牙質を通過して、最も内側の歯髄にまで達します。この段階まで我慢される方もおられますが、治療回数がかかり、治療費も高くなり、歯の寿命も短くなってしまいます。

◎根の治療について
この段階での歯の治療は、歯の最も内側にある神経を取る治療になります。根っこの治療と呼ばれるのがこれにあたります。根っこの治療は、外からは見えませんが、歯の寿命を直接左右するとても重要な治療です。
この治療のポイントは、根っこの中を完全に無菌にすること・二度と細菌が入ってこないように完全に封鎖することの二つです。
当院では滅菌した清潔な器具を用いて、根っこの中や先端まで丁寧に掃除をしていきます。治療後は、根っこの先端まで封鎖されていることを確認します。

◎土台の作成
根の治療が終わると、根の上に土台を建て、差し歯をつくっていきます。この土台作りもとても大切です。
多くの医院での土台は「メタルコア」という金属の土台が使われます。しかし、歯よりも硬い金属が歯の中に突き刺さっていると、そこに大きな力が加わってしまうと、中の金属が歯を折ってしまうこともあります。
当院の自費治療では、歯とほぼ同じ硬さの材料を使って土台を作ります
差し歯という人工物よりも歯自体を大切にすることが、歯の寿命を長くすることになると思います。

差し歯の構造

虫歯

虫歯メタルコアはとても硬く、強い力が加わると直接歯の根に力を伝え、根を壊してしまうことがあります。

虫歯 「C4」の治療
虫歯による穴がとても大きくなり、歯がその形を失っている状態です。歯の根だけが残っています。この状態でも、歯肉の上に健全な歯質が十分残っていれば、差し歯にすることは可能です。しかし、ほとんどの場合は抜歯することになります。
抜歯後の治療は「ブリッジ」「入れ歯」「インプラント」といったものがあります。

◆ 食生活の見直しで虫歯が減る!?

虫歯

虫歯のないAさんと虫歯の多いBさん。いったい何がそんなに違うのでしょうか? 毎日3回、食事の後に歯ブラシをしている二人…。
Aさんは虫歯ができても小さな虫歯ですぐに治療が終わるのに Bさんは次々と虫歯ができて困っています。 あなたはどちらですか?

虫歯【食事編】
二人とも、当分の摂取量はそんなに多くありません。

●食事と酸の関係

■臨海pH…歯牙が脱灰を始めるpH

乳歯→pH5.7~6.2  永久歯→pH5.7~6.2

<砂糖液による洗口時の歯垢の変化>

虫歯このグラフは、ステファンカーブとして知られている、砂糖水でうがいしたときのプラーク中のpHを表したグラフです。
青い線は0.1%の砂糖水、赤い線は5.0%の砂糖水で洗口した時のpHを示しています。 うがい後、約2分でpHがかなり低下していますが、糖濃度の高い方が回復までにより長い時間を要します。
一般に市販されている清涼飲料水は約10%の糖分が含まれていると言われています。 なので、このグラフ以上にpHの低下する時間は延長し、より虫歯のリスクが高まります。

<食事の回数とpHの変化>

虫歯食事の回数の増加(間食)は継続的なpHの低下を持続させ、その結果脱灰時間が延長して虫歯のリスクは高くなります。
また、就寝中は唾液の分泌が減少しますので、就寝前の飲食は虫歯の危険が高まります。


<食事指導>

飲食の回数を少なくすることを前提とします。
例:おやつとジュースは同時に食べる。

飲食回数を減らすことで、pHの低下時間の統計を減らすことができます。 <おやつの食べ方・与え方> おやつに砂糖は切り離せないものです。砂糖は動物にとって重要なエネルギー源になりますが、摂取する量や摂取方法が虫歯予防には大変重要なポイントになってきます。

※一日におやつとして食べる糖分…20gぐらい
おやつに記載された糖分路量に注意しましょう
※「ダラダラ食い」はやめましょう
口の中に長い時間糖分を置かないようにします。 乳児が哺乳瓶でジュースやイオン飲料を持続的に飲むのも要注意です。
おやつに砂糖を食べるならば、上手な食べ方と食後の歯みがきを忘れないようにしましょう!!

歯の二大疾患の一つが虫歯です。虫歯は防げる病気です。
予防治療でしっかり対策しましょう!

●歯を健康に保つためには、3ヶ月に一度の定期健診が理想です。

院内感染予防滅菌対策
無料メール相談
歯のお悩みアンケート
患者さんの声

患者さんの声当院で治療を受けられた患者さんの声を掲載しています。

患者様の声

痛みの少ない治療

痛くない、無痛治療なるべく痛くない、無痛治療を行っています。

無痛治療

デンタルローン
下記カードがご利用いただけますクレジットカード使用できます
関連サイト和田歯科医院インプラント相談室和田歯科医院院長ブログスタッフブログ tooth fairy