審美歯科

いつでも素敵な笑顔でいて欲しいから…

審美和田歯科医院で考える審美歯科とは、単純に見た目をきれいにする、ということではありません。それぞれの方に合った口元をデザインし、かつ機能を調和させ、そのひと個人個人の本来の美しさ、魅力を引き立てるものだと考えています。

「保険で十分よ!」
「奥歯は見えないから銀歯でもいいかな、、、」

と思われたことはないでしょうか?
審美歯科治療では、見た目が美しいというメリットだけではなく、体にやさしく安全であるというメリットがあります。
最近の歯科治療ではメタルフリー(金属を使用しない)という概念が世界的にもスタンダードとなりつつありますが、その理由の一つとして金属アレルギーの問題があります。
お口の中の金属の詰め物や被せ物から、金属イオンが溶けだすことでアレルギー反応を引き起こす可能性があるのです。
歯の治療では様々な材料を扱いますが、審美歯科治療で使用する材料は、見た目はもちろん、何より安全で体に優しい材料であることが重要となるのです。

審美●差し歯や詰め物の変色について

なんだか最近歯が変色してきたな…
自分の歯の色と差し歯や詰め物の色が違ってきたな…

と思うことはありませんか?

変色した部分が茶色くなってしまうとどうしても自分の歯の色と比べてしまって気になりますよね。 特に前歯の場合は詰め物などの面積の狭い部分の少しの変色でも目立ってしまうことが多くあります。
保険適用のレジン(歯科用プラスチック樹脂)は時間とともに劣化します。差し歯や詰め物が変色してきたという場合はほとんどこのレジンというプラスチックの材料が使用されている場合が多いです。
もちろん保険適用の材料なので、生体に安全である程度の強度を持ち合わせており、なにより安価です。 なので、幅広く使用されている材料ではあります。
しかし、経年的な変色や物性の劣化という問題があります。
物性の劣化ということに関していれば、レジンは水を吸いやすく、強度的には長年使用すると擦り減ってきてしまいます。そしてその隙間から虫歯になる可能性が出てきてしまうのです。
保険適用はありませんが、見た目の美しさや強度などの機能面を考えるとセラミックという材料の方が優れています。セラミックは時間がたっても変色しませんし、強度にも優れています。表面の性状もツルツルしているので汚れが付きにくいというメリットもあります。
もし、差し歯や詰め物の変色が気になる場合は相談してみて下さい。

審美●歯が割れる・欠ける

連休などにはレジャーに出かける方も多いのではないでしょうか?
旅行先で歯のトラブルがおこると憂鬱でせっかくの旅行も台無しになってしまいますよね…。
当院にも旅行先で硬いものをかじったら前歯が欠けたという患者様が来られます。
歯の一部分だけが欠けた場合は、接着性のプラスチックの材料でその日に治すことができます。 しかし、歯が大きくかけてしまった場合や歯の神経に感染が起きて、神経の処置を行わなくてはならない場合には、かぶせもので治しますので治療期間が延びてしまいます。
最悪の場合は歯の根っこが割れてしまう場合も…そうなると折れた歯を抜かなくてはならなくなるので、さらに治療期間は長くなります。
その時はより強い材料での修復や治療をおすすめします。

審美●金属の被せ物がよく外れる理由?

よく被せ物や詰め物がとれてしまい、当院にお越しいただく方も少なくはありません。
「硬いものを噛んでいないのになぜ取れたのだろう、、、」
とおっしゃる方もおられます。
もちろん固いものをかんだりして被せ物がとれてしまうこともありますが、だいたいの原因は被せ物の下に出来た虫歯によって歯が柔らかくとけてしまい、被せ物が外れる場合が多いのです。
では、なぜきちんと虫歯を治療してから被せたものの下に虫歯ができてしまうのでしょうか?

それは、ミクロン単位の世界にあります。
金属の被せ物は直接歯とはくっついていないので、セメントを介して接着します。
セメントの厚みは種類によって異なり、ミクロン単位の厚みです。
PH変化の激しいお口の中に長い期間おかれている金属の被せ物は金属自体も劣化し、錆びてきますが、歯と被せ物をくっつけるセメントも劣化し、少しずつですが溶けだしていきます。
すると溶けだしたセメントの隙間から虫歯菌が被せ物の下に侵入してきてかぶせものの下が虫歯になるのです!!
歯は虫歯になると柔らかく変化するので、被せ物を支えられなくなり、セメントも溶けている状態だとよけいに外れやすくなってしまいます。
被せ物の下の虫歯は、被せ物が取れたり、痛みが出たりしないとなかなか発見できません。
なので、気がついたら虫歯が広がっていたという事が多々あります。

では、どうしたら被せ物の下の虫歯を予防できるのでしょうか?
まず大切なのが、お口の中から虫歯菌を減らすことです。
きちんとしたお家でのクリーニングと歯医者さんでの定期的なクリーニングが重要です! 病気の早期発見のためにきちんと検診を受けましょう。被せ物の下の虫歯はレントゲンでも確認できます。 あとは、被せ物の材料で劣化しにくいものを選ぶのも重要です。

まずは虫歯を作らないことが重要です。
虫歯になってしまったら早めに治療し、そしてきちんとメンテナンスすることが被せ物の下に虫歯をつくらない方法
です!

金属アレルギーと銀歯

審美金属アレルギーと銀歯の関係をご存じですか?
金属アレルギーのメカニズムは特定の金属に対する体の過剰反応なのですが、肌だけではなくお口の中の粘膜にも金属アレルギーの反応が出る事があります。
歯の被せ物は保険で作製した場合、金と銀とパラジウムの合金で作られます。
歯の被せ物が直接お口の中の粘膜に触れたり、また、直接触れていなくても金属アレルギーの症状が出る場合があるのです。

お口の中はPHは一定ではありませんし、唾液が常にありますのでぬれている状態です。 すると、お口の中の銀の被せ物はシルバー製品と同じように徐々に錆びてきます。 また、金属はイオン化して溶けだしてくるので、結果的に唾液と一緒に体の中に金属を取り入れてしまっている状態となっているのです。
取り込まれた金属は体に溜まっていくので、蓄積されるとアレルギーが出現するというメカニズムなのです。

金属アレルギーの無い方でも、体に金属を長年取り込むことはあまりおススメすることではありません。
お口と体は繋がっています
。 また、お口から取り入れた物は食べ物をはじめとして体にダイレクトに響いてきます。
皆様も体とお口の関係を私たちと一緒に見つめなおしてみませんか?

主な審美治療の種類

【歯のクリーニング】
歯のクリーニングでは、毎日の歯みがきでは落とすことのできない歯の表面のエナメル質に付着した汚れを落とします。 コーヒー、お茶、たばこ絵どによる色素沈着、歯石や歯周ポケットの汚れを専用の器械で落とします。 せっかくの歯のクリーニングをしても、毎日の食事をしている限り、時間がたてば歯の表面は再び汚れてきます。 虫歯や歯周病の予防にもなりますので、3ヶ月に一度くらいを目安に行うのが理想です。 歯のクリーニングは歯が本来持つ白さを取り戻すことはできますが、もともとの色を変えることはできません。

【歯のホワイトニング】
歯のホワイトニングは薬剤を使って歯の内部から化学的に白くする方法です。 歯科医院で行う「オフィスホワイトニング」と、歯科医師の指導のもと自宅で行う「ホームホワイトニング」 があり、この二種類を併用する方法もあります。いずれの場合もまずクリーニングで表面の汚れをきれいにする ことからはじまります。
オフィスホワイトニングでは、歯に薬剤を塗って光を照射し、これを何度か繰り返します。即効性がありますが、 薬剤を塗っている時間が短いため、色が後戻りしやすいというデメリットがあります。白さを持続するためには、 2〜3回通院する必要があるかもしれません。
ホームホワイトニングでは、歯科医院で型どりして専用トレーを作ってもらい、自宅でこれに薬剤を入れて歯 装着します。オフィスホワイトニングに比べると漂白効果があらわれるまで時間がかかり、 白さを実感するまでに二週間ほどかかります。 詳しくはホワイトニングのページをご覧ください。

【ラミネートべニア】
歯の表面を少しだけ削り、そこに付け爪のような薄いセラミックを貼りつける方法で、自然で美しい仕上がり が特徴です。 色だけでなく、歯と歯の間の隙間が目立つなど、形の悩みにも対応できて、短期間で思い通りの歯を手に入れられます。色が後戻りすることもなく、治療中の痛みもほとんどありません。 貼りつけるセラミックは非常に薄いので、不可がかかる箇所には向きません。

【セラミッククラウン】
当院ではオールセラミックス、メタルボンド、レーザーボンド、ハイブリッドセラミックスなど様々な種類に対応しています。 中でもセラミッククラウンとは、虫歯を治療した歯の上からセラミックのかぶせものをする治療方法です。 セラミックは陶器で、金属が含まれていませんので、光の透過が天然の歯に近く、人工の歯という違和感があり ません。通常のクラウンは銀歯や、銀歯にプラスチックを 貼りつけたもので、細菌が繁殖しやすく、 硬いものをかむとはがれてしまうことがありますが、セラミックの場合は汚れがつきにくく変色もしません。

【歯列矯正について】
歯には力を加えられるとその方向に移動する性質があります。この性質を利用し、矯正装置を使って歯に一定の力を持続的にかけて動かし、悪い歯並びや、かみ合わせが悪くて虫歯や歯周病になりやすい歯を健康に保つ効果が あります。
また、いびきや歯ぎしり、滑舌が改善されることもあります。外見上のコンプレックスで悩んでいる方にも自信を与えてくれます。 詳しくは、矯正のページをご覧ください。
審美歯科治療では「歯の美しさ」も大切ですが、同じくらいに咬み合わせなどの「機能性」「虫歯予防」への配慮が大切になります。
当院では、「審美性」「機能性」「予防」に長けたスタッフが在籍しておりますので、お口全体の健康・バランス を考慮した治療を行う事が可能となっています。

院内感染予防滅菌対策
無料メール相談
歯のお悩みアンケート
患者さんの声

患者さんの声当院で治療を受けられた患者さんの声を掲載しています。

患者様の声

痛みの少ない治療

痛くない、無痛治療なるべく痛くない、無痛治療を行っています。

無痛治療

デンタルローン
下記カードがご利用いただけますクレジットカード使用できます
関連サイト和田歯科医院インプラント相談室和田歯科医院院長ブログスタッフブログ tooth fairy